京都の脱毛サロンで使われている脱毛器ライトシェアデュエット

京都のみならず、日本国内で多くのクリニックが導入している脱毛機「ライトシェアデュエット」。
どのような特徴を持っているのでしょうか。

ライトシェアデュエットとは

ライトシェアデュエットはアメリカのルミナス社の医療レーザー脱毛機で、世界で初めて永久脱毛機の認可を受けた機種です。
現在世界シェア1位を誇るとまで言われている、主流レーザー脱毛機です。

 

また日本人の肌に最も合うレーザー脱毛機とも呼ばれており、日本での導入数も多く、たくさんの実績を持っています。

ライトシェアデュエットで脱毛出来る仕組み

ライトシェアデュエットは毛根に黒色のメラニン色素があることを利用したレーザー脱毛機です。
毛根周辺の毛乳頭や毛母細胞に、レーザーのエネルギーで熱ダメージを与えて破壊し、
レーザーの種類としては「ダイオードレーザー」に分類されます。

 

このダイオードレーザーはダイオードと呼ばれる半導体を光源にしたレーザーで、波長が810nmと長いことが特徴になっています。
波長が長いと肌の深部にまで届くので、アレキサンドライトレーザー(755nm)よりも、
毛根が深いムダ毛にも効果が期待できます。

 

ダイオードレーザーで毛根に熱ダメージを与えると、毛の生成工場である毛乳頭や毛母細胞が破壊されることで
毛の生成が永久にされなくなるというのがライトシェアデュエットで行われる脱毛の仕組みです。

ライトシェアデュエットの特徴

脱毛効果が高い

ライトシェアデュエットは、パルス幅と呼ばれるレーザーが1回に照射される時間が他の機種に比べて長く、
このパルス幅が長いほど、毛根の周辺組織への破壊力が高まるため、完全な永久脱毛に近づくことが出来るようです。

施術時間が短縮できる

ライトシェアデュエットの照射ヘッドは、「35㎜×22㎜」のサイズになっており、
前身のレーザー脱毛機のヘッドサイズ「9㎜×9㎜」から10倍近くものサイズアップが図られています。
これはレーザー脱毛機の中でも最大級のサイズで、これにより大幅な施術時間の短縮が実現しました。

細かな部位にも対応できる

ライトシェアデュエットのヘッドの大きさは最大級と書きましたが、
従来機のヘッドも引き続き使用可能なので、細かな部分も問題なく施術することができます。

照射ムラが起きにくい

従来機の照射ヘッドの多くは円形なのに対し、ライトシェアデュエットの照射ヘッドは四角形です。
円形の場合は、どうしても照射ムラが出来やすいので、照射漏れを無くそうと思うと、どうしても重複照射になる場所が出てきます。

 

一方、四角形の照射ヘッドを持つライトシェアデュエットは、重複照射することなく、まんべんに照射することが可能なんです。

吸引・冷却するから痛くない

ライトシェアデュエットが他の脱毛機に比べ特徴的なのは、「肌を吸引しながら照射する」という点なのですが、
実はこれが痛みの軽減に大きく貢献していました。
脱毛時の痛みの原因の一つは、狙った毛根メラニン色素以外の肌存在するメラニン色素にレーザーが反応してしまい、
ダメージをおってしまうからなんです。

 

ライトシェアデュエットは皮膚を吸引して、引き伸ばしながらレーザーを照射することで、
レーザーの熱を毛根に集中させ、皮膚内のメラニン色素に反応するのを防いでくれます。

 

されに、冷却しながらレーザーを照射する冷却装置を搭載しており、
吸引と冷却の2つの効果で照射時の痛みを抑えます。

日焼けをしていても照射できる

ライトシェアデュエットのダイオードレーザーは、波長が長いこと、そして吸引システムを搭載しているとご説明してきました。
毛根以外のメラニン色素に反応しにくいライトシェアデュエットは、白人から黒人まで、さまざまな肌に対応することができます。

 

なのでライトシェアデュエットは、日焼けしたばかりの肌が黒くなってしまった状態でも、
肌ダメージを最小限に抑えつつの脱毛が可能になっています。