京都で全身脱毛を受ける前に知っておきたいリスク

エステでの脱毛や、医療クリニックの脱毛合わせた両方で、脱毛を受けるにあたってリスクは必ずあります。
もちろん店舗のスタッフ達はトラブルが発生しないように全力で施術に挑みますが、
だからといってトラブルを完全に防げるわけではありません。

 

ここではそんな脱毛を受ける際にあらかじめ知っておきたいリスクをご紹介していきます。

火傷

脱毛は、黒いメラニン色素に反応し、熱を使発する仕組みを利用し、毛を生成させる組織を熱破壊します。
この脱毛機は民間の医療脱毛機よりも強い出力で使用されるので、
もともと色黒な人や、日焼けが著しい人の場合は、その部分が黒い色素に反応して、
レーザーが毛ではなく、お肌に当たってしまい、脱毛できずに火傷を起こしてしまう場合があります。

皮膚疾患や肌トラブル

肌トラブルを発生させる可能性も主な肌トラブルは2つあり、
1つは毛嚢炎。毛穴に雑菌が入ることで炎症を起こすという疾患です。
脱毛は毛穴に刺激を与えることになり、免疫力が低下してしまいます。毛穴が赤くなったり、かゆみが生じたり、
あるいはニキビが出来るケースもあるようです。

 

2つ目は脱毛をした当日のむくみ、ほてりです。
日焼けをした当日と同じような感じがすると言われています。

 

どちらのトラブルも、重症化することはほとんどありません。
気になるようであれば、クリニックから薬を処方してもらいましょう。

いまだ原因がわからない硬毛化、増毛化

レーザー脱毛をすることによって、かえって毛が増えたり、濃くなったりすることがあります。
とりわけ、産毛が生えている部分で起こりやすいと言われています。

 

硬毛化・増毛化が起きる原因は今のところ不明ですが、
非常にまれなケースなので、心配することはあまりないでしょうが、軽く念頭にはおいておきましょう。

 

以上、全身脱毛のリスクを確認してみましたが、リスクの可能性を無くすことはできませんので、
少しでも信頼することができるクリニックやサロンを選びましょう。
店舗の中でも施術をするスタッフの技術でも変わってくることなので、出来れば同じ方に毎回担当してもらうなど、
申し出ることでトラブルやリスクを減らすことができるかもしれませんね。